懸賞ママの時短家事レシピ

懸賞ママの時短家事レシピ

意外と大事な染み抜きテクニック

一番あるのが水溶性に該当する染みで、お醤油が飛んだりコーヒーをこぼしたりして染みになってしまったケースです。

 

水溶性の染みは、ついて間もない染み抜きであるなら水を使っただけで簡単に取り除くことができます。

 

でも、長時間そのままにしていると消えにくくなり、染みになってしまいます。

 

次に多いのが、油性のもので、調理に用いる油や口紅なんかを挙げることが可能です。
油性なため、クレンジングのためのオイルを使って染み抜きを施すと取れやすいです。

 

でも、この染みも時間がかかると消し去るのが大変になります。
水溶性にあたるのか、油性にあたるのか判断がつかない場合は、染みに水をかけてみてはどうでしょうか。

 

水が馴染んだら水溶性、水が弾かれるようであれば油性と考えて良いでしょう。

 

この他、面倒なのが油性でも水溶性でもない不溶性と言われる染みで、主なものとして挙げると、ボールペンなどのインクや墨によるものです。
油性の染み抜きでも水溶性の染み抜きでも取りにくいので、手やブラシを使って丁寧に揉んで染み抜きを施しましょう。

 

こういった染みが主なものとなりますが、この他に血液などといったタンパクによる染みやワインやフルーツなどの色素の染みも存在します。
放置した染みは酸化するため古い染みとなったり、黄ばみの状態が進行して、色落ちしてしまう染みとなることもあります。

 

これらに当てはまる染みは、自宅で染み抜きを実施するのは不可能に近いため、洗濯のプロのクリーニング店にお願いする人もたくさんいます。
しかし、染み抜きに対応していなかったり、染み抜きが上手でないクリーニングのお店もありますので、あらかじめ調べておいたほうが無難です。